a

トップページ
葬儀プラン・費用
よくある質問
葬儀の流れ
式場のご案内
お問合せ・資料請求
横浜家族葬館
首都圏の葬儀は東京葬祭へ
家族葬のビッグメモリー
メディア掲載情報

トップページ  >  お葬式の流れと計画

お葬式の流れと計画のポイント

お葬式は、事前に計画をして取り組むものではありません。それは大切な人の死を予定してしまうような悲しいことだから。それでも、少し考えるためのポイントを知っておくことで、もしかしたら後悔をせずにすむかもしれません。

以下をご参考に、ご説明ご相談がございましたらお気軽にご利用ください。
>> お問合せ・資料請求

〜臨終・ご遺体の移送・安置〜


突然の不幸は、全てが病院で亡くなるとは限りません。
そのことを考えると、人生の危機にご相談ができるご親戚や友人などを心がけておくことがあなたの支えになることでしょう。
遠方のご親戚より、近くの他人とも言います。
お勤め先の福利厚生や事前に相談できる葬儀社がいざという時、ご親戚に変わり支えになることがあります。

>> 葬儀の流れに戻る


悲しみの中でも、すぐに決断しなければならないのがご安置場所です。

1. ご自宅は、生前の故人が安らいだ場所
2. 寺院、集会場など式場として利用する施設
3. 専用の霊安室
近年はマンションなどの住宅事情からご自宅にお帰りになれないケースが多々見受けられます。葬儀社等の設けた専用の安置室などは、ご遺体の殺菌処置なども適切に行われ、衛生的に通夜までの間安置を行える為、様々な都合によりご葬儀までに日数のかかる場合は、安置の為の好ましい施設とも言えます。

>> 葬儀の流れに戻る


葬儀に関するご希望や宗旨をご存知ですか?
また、葬儀に関するご希望をお聞かせください。

1. 宗旨並びに菩提寺の有無は大切です。何よりも先にご住職のご都合をうかがわなくては、ご葬儀は成り立ちません。
2. 近年は無宗教葬儀も多くなってまいりましたが、ご遺族皆様のご意見や悔いなどを残されませんように大切に考え、事前の家庭内でのご相談をお勧めいたします。
3. 料理や会葬御礼など、いわゆる接待として捉えてこれに対するお考えが必要です。なぜなら会葬いただくお客様のご人数がご予算を大きく左右するところです。 ご家族それぞれに対して、会葬いただく方の立場も異なることもあり慎重に検討したところであります。
4. 近年はご香典返しを、即日御礼として葬儀の日の祖供養品をお渡しすることが増えてまいりました。七七日忌にあててのお香典返しが正式でありますが、ご遺族においても一日も早く日常を取り戻したい今日では、きわめて合理的てありながら、挨拶の整う方法だといわれます。

>> 葬儀の流れに戻る


どの位のご人数を想定してのお支度が必要でしょうか?

1. 先ずはご遺族を数えましょう。いわゆる故人様の家族です。直系で何人いらっしゃいますか?くれぐれも配偶者の方をお忘れになることの無いように。
2. 次にご親戚のお顔を思い出して、親族の人数を想定します。たとえ遠方といえどもお越しいただくか否かは、相手様の決めること突然のご来訪に慌てることの無いように、くれぐれもご念頭に置くことを忘れないようにしましょう。もちろんその配偶者の方やお付き合いによってはお子様やお孫様で、ご念頭に置かれる必要もあります。
3. そして会葬を予想します。会社関係、ご友人知人、地域社会のお付き合い様々な関係は、けして故人だけの事ではありません。ご遺族の悲嘆やご苦労を慰めていと駆けつける方。皆さんを会葬いただく対象として数える必要があります。

全てのご会葬を考える場合、職場などでは過去のご葬儀などを参考にご人数をアドバイスいただける方がいるとありがたいです。同じお仕事や勤務年数でも、ご趣味やお付き合いに応じて会葬者数は想像を超えることがあります。又、故人の社会での活躍は家族が意外と知らないことも多く、故人のご友人などからアドバイスをいただくことは積極的にされると良いでしょう。

>> 葬儀の流れに戻る


葬儀式場のご希望は?
1. ご自宅、集会場など自宅や地域を強く意識して決定する。
2. 市区町村で運営の公営斎場は、価格が最も安心ですがご利用に際してのルールもあります。
3. 民間の葬儀式場は、全ての式や法要をまかなえるばかりか、さらに快適性が高まっていますが、安価ではないため比較的予算を必要といたします。
式場の選択で重要なことは、広さや施設規模が葬儀に足りているかどうかに尽きます。又、交通の便や駐車場の有無などは現代において重要な選択要素ともいえます。通夜葬儀告別式の二日間を目的を明確にして考えると、自宅に近くであることはさほど重要でないのかもしれません。さらに、葬儀を依頼する葬儀社の所有する式場で葬儀をする場合は式場使用料も公営式場に準じて安価に設定されることが多いようです。やはり事前に把握することで、心強くなれることでしょう。

>> 葬儀の流れに戻る

〜通夜〜


通夜料理、会葬御礼の不足対応、通夜のお泊りはどうされますか?

1. ほとんどの民間葬儀式場は、通夜にお守りをすることがかないます。
2. 公営斎場では、保守や安全面から通夜のお守りができない施設も見受けられます。
3. 意外と知られていませんが、東京都内でのお寺でのご葬儀はお通夜のお守りはかなわないことが多く、お寺様に託して通夜会場を後にすることになります。
本来はお通夜の夜に、「守る・護る」事を意味していますが、現代ではお泊りになれると考えても良いでしょう。徹夜をして遺体に付き添うことよりはご遺族が体を休め、しっかりと翌日の葬儀を勤められますように施設をご利用下さい。

>> 葬儀の流れに戻る


お通夜までの夜までに決めることもあります。

1. 弔電披露の選択と順番
2. 喪主様(又は遺族代表)の挨拶
3. お位牌、お写真を胸に抱かれる方
4. 火葬場までの車列、霊柩車・ハイヤー・マイクロバス等
5. 火葬場での飲食等
ここまでくるとお通夜の夜の確認でも十分ですが、うっかりしない為にも事前に念頭に置かれること、把握されることを心がけると良いでしょう。

>> 葬儀の流れに戻る

〜葬儀・火葬〜


火葬場で一段落でも、お勤めはまだまだ

1. 火葬場は地域性や習慣が多く、ご案内の係りを頼りましょう。
2. 精進落しの席で、挨拶と献杯の発声。
火葬場から戻ると、初七日の供養を繰り上げて行うことが多いようです。その後に精進落し(忌中払い)としての会食を設けます。その席では、列席者の労をねぎらいご挨拶をいただく方、杯をささげる為の発声をいただける方と決める必要があります、特に代表して献杯を発声いただく方は、ご遺族以外に列席者から長兄の方などにお願いすることが好ましく事前の配慮が必要です。

>> 葬儀の流れに戻る


ここも重要な接待の席です、さて・・・
ご遺族は、会食の後で列席者を見送る配慮が必要ですが、家族の他界からの数日来お疲れも出ることです。親しい方のお席ですので本音であまえてしまうのもよいのではないでしょうか?又、ご親戚などが集まりゆっくりとしか時間をすごします。お寺様も同席されていることも多く、この時に七七日忌の日程を決めてしまうことも多いようです。

>> 葬儀の流れに戻る

↑ページトップへ戻る