a

トップページ
葬儀プラン・費用
よくある質問
葬儀の流れ
式場のご案内
お問合せ・資料請求
横浜家族葬館
首都圏の葬儀は東京葬祭へ
家族葬のビッグメモリー
メディア掲載情報

トップページ  >  お葬式の流れと計画

お葬式の流れと計画のポイント

お葬式は、事前に計画をして取り組むものではありません。それは大切な人の死を予定してしまうような悲しいことだから。それでも、少し考えるためのポイントを知っておくことで、もしかしたら後悔をせずにすむかもしれません。

以下をご参考に、ご説明ご相談がございましたらお気軽にご利用ください。
>> お問合せ・資料請求

〜葬儀・火葬〜


司会者の挨拶により開式の後、読経、弔辞の披露、焼香(遺族・親近者)、閉式という流れになります。葬儀と告別式を分けない場合では、遺族・親近者の焼香に続いて参列者も焼香を行い、告別式を済ませてしまうこともあります。


葬儀・告別式が終わったら、故人との最後のお別れを行います。喪主より順に棺に花を供えた後、最後に蓋をして釘打ちの儀を行い火葬場へと向かいます


係員の指示に従い、火葬を行います。
参列者は控室で待機し、火葬が終了したらお骨上げを行い遺骨を骨壷に収めます。最後に埋葬許可証を係員から受け取り、遺骨を持ち帰ります。
※埋葬許可証は重要な「公文書」です。紛失しないように大切に保管してください。


火葬場で一段落でも、お勤めはまだまだ


火葬場から戻ったら、まず塩と水で体を清めます。
次に祭壇に生花や供物を供え、遺骨を安置し、導師による読経、焼香を行います。その後、葬儀で世話になった人たちのために酒や料理で宴を設け(精進落とし)、労をねぎらいます。


ここも重要な接待の席です、さて・・・


墓地・霊園の管理者に埋葬許可証を提出し、遺骨を埋葬します。
四十九日の法要が済むまでは、仏壇に遺骨を安置しておくことが一般的ですが、それより早く納骨することもあります。

↑ページトップへ戻る